タイトル

病気と症状の知識 ⇒

強迫性障害(Obsessive Compulsive Disorder)

強迫性障害が発症するとき

患者の5割ぐらいは突然発症していますが、近親者の死、妊娠、離婚などのストレス後に発症することがあります

強迫性障害の症状

例として:
患者は上記の事を馬鹿げた無意味な事を認識しています。
身体的な症状(動悸や吐き気、めまい)などはありません。

強迫性障害が起きたときの対処法

うつ病の併発や患者自身が絶望することが多いので、家族は精神障害やそれから来る言動を責めてはいけません。

強迫性障害の原因

遺伝的要素が強く、親が発症している場合には子の発症率は約35%に昇ります
神経伝達物質セロトニンの調節異常という説があります。

強迫性障害の治療法

薬剤は抗うつ薬や抗不安薬などを使います。
精神療法では、苦痛や恐怖を感じないように徐々に慣らします





プライバシーポリシー