タイトル

病気と症状の知識 ⇒

乳糖不耐症

乳糖不耐症の症状

授乳後直ぐに嘔吐や下痢を繰り返します。

乳糖不耐症の原因

母乳や牛乳、ミルクに含まれている乳糖を分解する消化酵素ラクターゼが分泌されないために消化不良になります。 ラクターゼの分泌障害には先天性と後天性があります。

先天性の場合には乳糖が入っていないミルクを飲ませるか、ラクターゼが添加されているミルクを飲ませます。
先天性でも1歳過ぎ頃から治る場合が多くあります。

後天性は、胃腸炎の後遺症として起こる場合があります。
このときは、飲ませるミルクの量を減らす、乳糖が分解されている牛乳飲料や豆乳を上げて様子をみます。
多くは一時的で直に治ります。







プライバシーポリシー