身近な自然と科学
  1. ホーム(他の記事)
  2. 電気関連

静電気が起きる理由,摩擦による静電気

電気と言われるものに 静電気があります。
冬、セーターを脱いでいるとき、パチパチという音がしたり、車から降りて家のドアノブ(金属の)に手を触れた瞬間、ピリ! として思わず退いたことがあるでしょう。
また、下敷きをこすって、頭髪を立たせたり、小さな紙を付けたりしたことがありませんか。
それが、静電気と言われるもので、簡単に作るには、物と物をこすりつけてやればよいのです。
静電気は、電子と陽子がそれぞれ別の物に移ってかたよっている状態です。
たとえば、ガラス棒と毛皮をこすり合わせると、それが刺激となって、毛皮を作っている原子核の周りを回っている電子のいくつかがその原子から離れてしまいます。

摩擦による静電気の発生のしくみ
その電子は、ガラス棒に移ります。
すると、上の図のように、ガラス棒を作っている原子は電子(赤丸)が多くなってしまい、マイナス電気を持つようになります。
一方、ガラス棒というと、電子(赤丸)が無くなった分、つり合っていた陽子(青丸)が多くなり、プラス電気を持つようになります。

ここで、注意しておきたいのは、ガラス棒や毛皮に限らず、私たちが物に対して電気を感じないのは、それらの物に電気が無いのではなく、電子の持つマイナス電気と陽子の持つプラス電気が打ち消し合っているだけだということです。
ですから、陽子と電子の数が変わってしまえば、釣り合いくずれて、陽子あるいは電子の持つ電気が表に出て、私たちには電気が感じられる(測れる)というわけです。







プライバシーポリシー