身近な自然と科学
  1. ホーム(他の記事)
  2. 電気関連

2箇所で1つの照明を点滅させる回路

2階建ての家には、階段の照明を点滅させるスイッチが階段の上り口と降り口の2箇所にあります。
2箇所で1つの照明を点滅できるので
○階段を上がる前に照明を点け、2階に上がったら照明を消す
○1階に降りる前に照明を点け、降りたら照明を消す
ということが出来ます。
この回路を作るには、1回路2接点スイッチ2個、電線が3本、照明器具が必要で、下図のように結線します。
2箇所で1つの照明ひとつ電灯を点滅させる回路
図の状態は照明が消えている状態です。
この状態で、どちらかのスイッチを動かすと照明が点きます。

3箇所でひとつの電灯を点滅させるには、
3箇所で1つの照明ひとつ電灯を点滅させる回路
上の図の状態は、照明が点いています。
3箇所以上は回路を考えるのはおもしろいですが、部品代、省エネを考えると実用的とは思えません。

自分で配線するときに は、乾電池やバッテリーと低電圧で動作するLED照明器具に留めてください。100V配線に接続するには電気工事士の資格が必要ですし、 無造作に配線すると感電や漏電火災の危険があります。







プライバシーポリシー