視力回復を謳うソニマックを使ってみた

(2020年10月8日更新 2020年9月6日作成 )

ソニマックとは、大日技研株式会社が製造販売している超音波を使った視力回復器です。
ソニマック公式サイトは、sonimac.co.jp
最初に驚くのは、高価なことです。公式オンラインショップで税込み74800円です。本当に視力が回復するなら安いですが、公式サイトでも近視については「偽近視(仮性近視)治療、近視の進行予防」と書かれているので、何十年間も付き合っている近視には効果は望めないようです。

数年前、ひょんな事からソニマックの旧型機を入手しました。が、怪しげなモノなので何処かにしまい亡くして、数日前に出てきたので。
ソニマック旧型
電源を入れると「キィー」と周波数の高い連続音が聞こえます。6~12kHzの音だと言いますから高齢者などに多い高音難聴の方は聞き難く、高音が聞きやすい若い方は煩く感じるでしょう。
メーカーでは「低数帯域超音波」と言っていますが、一般的な感覚からすれば人が聞くことが出来る可聴音です。中波ラジオ放送が6kHz、FM放送が15kHz、CDやデジタルテレビでは20kHzまでが再生出来ますから。
電磁波や音波などの波は周波数が高いほどエネルギーが高いので、可聴音ぐらい周波数が低いのは眼に害は無いです。

さて、私は近視と乱視が酷いので、1回に左右の目に20分ずつ、時間を空けて2回ソニマックを当てて眠りました。
翌朝、まだ薄暗い中で掛け時計に目をやると、秒針が見えるではありませんか! いつもは秒針を見ようとしても見えないのにその朝は意識しないで秒針が見えました。
乱視がほんの少し良くなったようです。私の乱視はピンホール眼鏡をすれば劇的に改善するので、角膜や水晶体に原因があります。その角膜や水晶体の緊張がソニマックから出る振動で少し解れたのかもしれません。
ヨシャ! と意気込んでソニマックを閉じた瞼の上に当て続けましたが、目に見えて良くなったのはそこまで、掛け時計の秒針がよく見えたのは最初の1回だけでした。眼の周囲のマッサージとピンホールメガネを掛けているので乱視が少しずつ少しずつ良くなっている気はしますが、ピンホールメガネを掛けると乱視が改善されるのは経験済みなのでソニマックの使用とは関係ないと思います。
⇒ ピンホールメガネと視力回復の考察
ソニマックは患者は勿論のこと医師なども本物と偽物が判らない状態で試験する二重盲検試験で有効性が示されていると言いますが、公式HPに記載とおり、長年の近視には効果は無いようです。私の場合は、初めて使った翌朝だけ少し良く見えただけで、眼精疲労などの改善も無しでした。ソニマックの使用は続けてみますが、

旧型のソニマックですが、2週間、朝と寝る前に左右の眼に5分間ずつ当ててみた実感では、私には効果は出ませんでした。当てていると気持ちがよいという方がいらっしゃいますが、清涼飲料水やスプレー缶などの金属を当てても瞼が冷えるから気持ちがよいです。(ソニマックの瞼に当てる部分は金属)
高価な物ですが、特定の人の特定の症状が緩和されるかも?ぐらいに思った方がよいです。

2020年10月8日追記
旧型ソニマックを9月末日まで使いましたが、自覚出来るものが無いので厭きてやめました。