身近な自然と科学
  1. ホーム(他の記事)
  2. 植物関連

草木染め

誰でどこでも簡単に手に入る玉ねぎで染めてみよう

用意するもの

  1. 玉ねぎの外側の茶色の皮2〜3個分
  2. ミョウバン 染める布100グラムに付き5グラムが必要
  3. ホウロウ、または耐熱ガラス製の鍋
  4. 染めたい布・・・白いハンカチや毛糸など

染める前に、媒染液(ばいせんえき)を作っておくことにする。
媒染液とは、染料と繊維を媒介して固着させるためのものです。
ミョウバン5グラムを湯で溶かして2リットルの水に加えて出来上がります。
この量で布地100グラムが媒染できます。
染め方

  1. 鍋に玉ねぎの茶色の皮と水を入れて20分に煮て、煮汁だけ取る
  2. 鍋に1で作った煮汁を入れて火にかけ、染めたい布を入れ て20分に煮る
  3. 2の布地を媒染液に30分間浸してから水洗いをする
  4. 3で水洗いした布地をもう一度、2の処理をして、水洗いをして乾かして完成。

研究
媒染液の種類を変えてみる
*鉄媒染液 
食酢200ccに古釘400グラムを入れて20分間に煮て1週間放置後、この液10ccを数リットルの水で薄めて使う。
*銅媒染液 古釘の変わりに銅を入れる
玉ねぎ以外の物を使ってみる
桜、フジ、ヨモギなどを使ってみる
布重量の3〜4倍の重量を使う
ウコン(カレー粉)を使ってみる

玉ねぎの皮で染め、ミョウバンで媒染すると黄色に染まります。
鉄媒染液を使うとこげ茶色に染まります。





プライバシーポリシー